不貞行為の相手

徳島 浮気調査

不倫というものは単独では逆立ちしてもすることは不可能で、相手となる存在があってやっと成り立つものですから、民法における共同不法行為に該当します。
不貞行為の相手に慰謝料を請求しようと思ったら、その人物の住んでいる場所や連絡先が把握できていないと話が進まないことと、相手の財力や社会的地位なども慰謝料請求額と大きく関係しているので探偵による正確な情報収集が必然となります。
警察は業務の範囲で事件発生後に捜査を開始して様々な手法で解決へと導くのに対して、探偵業は事件を未然に防ぐように立ち回ることを使命とし民法上の非合法な状況を明らかにすること等 が主な業務内容となっています。
後悔だけの老後だとしても誰も救ってはくれませんから、浮気においての自分なりの答えや決定権は自分自身にしかなく、第三者はそれは誤りだと口を出せない事柄なのです。
原則として専門業者が行う浮気調査には、婚姻状態にある相手がいるのに別の男か女と男女の関係を持つようないわゆる婚外交渉の情報収集も入っています。